引越し業者を上手に選ぶ方法

引越しのタイニングは人それぞれです。新しく家を購入したとき、親の転勤が決まったとき、地方の大学に進学が決まったとき、会社のそばに暮らしたいと思ったときなどなど。それぞれの事情によって、そのタイミングはさまざまに分かれます。引越し先も、賃貸の場合もあれば、持ち家や、社宅など、これも人それぞれでしょう。そして、引越しにはそれなりにまとまった費用が必要になります。

転勤などの場合で、会社のお金で全て手配してくれるのならばお金がかかるものは最低限に抑えることが出来ますが、大学進学のために一人暮らしをするという場合などはかなりの金額が必要となります。進学の場合だと賃貸住宅を探すことになると思いますので、その部屋の契約のために敷金・礼金・前家賃などがかかり、これだけで何十万円にもなります。家具や家電を新しいものを購入するのなら、そこにさらに何十万円も加算されます。引越しのときにも、引越し業者に頼む費用が掛かるので、さらにそれに加算されることになります。学生時に一人暮らしに憧れる気持ちは分かりますが、これだけの費用がかかることでもあることは忘れてはいけません。

転勤で会社の費用でまかなえるとは言っても、ご近所さんへの挨拶の品や、引越し時に行う荷物の整理などで費用がかかります。大型の不要品を出さないのであればゴミ出しの費用はかかりませんが、引越しの準備を進めていると、それまであまり活躍の場がなかった家具などは新居にわざわざ持っていく必要を感じずに、その場で処分したくなるものです。引越しは、家の整理整頓をするチャンスにもなるため、不要だと判断したものは捨ててしまった方が良いようです。特に転勤族の場合は、また2〜3年で次の場所に引越しとなるかもしれません。出来る限り余分なものは処分するようにしましょう。会社費用とはいえ、まったくお金がかからないということはありませんので、その点の覚悟はしておきましょう。

このように、引越しにはお金がかかります。引越しの多い人は“引越し貧乏”などと呼ばれ、特に大きな買い物や無駄遣いをしていなかったとしても、いつの間にか貯金がなくなってしまっているようなことも度々起こります。引越しの回数を減らすことが出来れば良いのですが、そうとも言ってられない状況もあります。引越しの際に必ずかかるのは荷物を運搬するための費用です。方法はいろいろありますが、どの方法を取るにしてもお金がかかるのは避けられません。なので、ここでは引越し業者をうまく選び、手間も費用も節約できるヒントをご紹介していきます。

BOOKMARK